現在の展示会

 

【展示室1】収蔵品展「アーカイブズに見るくまもと23」

  開催中  

収蔵資料から熊本の文学と歴史の魅力をひもとく第23弾

令和5年(2023年)5月24日(金)~7月7日(日)


◆文学

近代文学 収蔵資料セレクション

 当館収蔵資料の中から、今年 記念年をむかえる高群逸枝(生誕130年)、宗不旱(生誕140年)、蓮田善明(生誕120年)について、自筆原稿や書軸など、資料をセレクトしてご紹介します。
 夏目漱石の原稿「野分」(永青文庫蔵、くまもと文学・歴史館寄託)も特別公開です!

◆歴史
熊本藩の地域把握~検地帳と手永絵図から知る江戸時代の熊本~
 
県指定重要文化財の検地帳や、熊本藩が作成した手永絵図をとおして、熊本藩がいかに地域を把握していたのかを探ります。


チラシ拡大版(PDF)


★関連図書について★
展示会関連の図書や資料を図書館でご覧いただけます!
さらに詳しく知りたい方は、ぜひ図書館へ!

【展示室2】常設展「文学に見るくまもと」

  開催中  

くまもとの文学の流れを、歴史的背景とともにたどります。


展示室2

 
 

 

【展示室3】《マンガコーナー》

 テーマ 

熊本ゆかりマンガ読み放題!

令和6年(2024年)
5月24日(金)~7月15日(月)

マンガコーナー棚


 収蔵品展「アーカイブズに見るくまもと 23」の期間に合わせて、熊本ゆかり作家の記念マンガを設置しています。実写映画化記念、現在公開中のウオズミアミ『三日月とネコ』、アニメ化記念、現在放送中のゴルフマンガ・かわさき健原作『オーイ!とんぼ』、実写映画化記念、7月公開予定の藤村緋二・画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』、手塚治虫文化賞「マンガ大賞」を受賞した、とり・みき共著『プリニウス』、フランスのアングレーム国際漫画祭「特別栄誉賞」を受賞した萩尾望都作品『ポーの一族』他、芸術選奨・メディア芸術部門で「文部科学大臣賞」を受賞した井上雄彦作品『スラムダンク』など、約230冊をご覧いただけます。ごゆっくりとお楽しみ下さい。

 

◆令和元年(2019年)夏から、マンガコーナーが常設となりました。熊本ゆかりの作品や、展示会に関わりのある作品をご紹介します。
 ※マンガは約2か月ごとに入れ替わります

 

【主催】
 くまもと文学・歴史館
 熊本県立図書館


【協力】
 くまもとマンガ協議会
 NPO法人熊本マンガミュージアムプロジェクト