熊本県立図書館 / くまもと文学・歴史館  (愛称:温知館)

〒862-8612
熊本市中央区出水2丁目5番1号
TEL :(096)384-5000
FAX :(096)385-4214(総務課・学芸調査課)
        (096)385-2983(情報支援課)

休館日
 火曜日 / 毎月最終金曜日
 年末年始(12月28日~1月3日)
 特別整理期間(年間14日以内)

携帯・スマートフォン用サイト

Copyright © 熊本県立図書館 All Rights Reserved.     ©2010熊本県くまモン

 

現在の展示会

 

臨時休館のお知らせ

 くまもと文学・歴史館は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2月28日(金)から3月15日(日)まで臨時休館いたします。
 利用者の皆様には、ご不便をおかけしますが、ご理解のほどお願いいたします。
 

企画展「山崎文庫展 医学・歴史・蒐集に情熱を傾けた山崎正董」

令和2年(2020年)
1月23日(木)~3月9日(月)チラシ画像1

 熊本県立図書館所蔵の“文庫”を紹介するシリーズ企画展の第3弾を開催します。
 昭和25年、遺族により山崎正董(やまさき・まさただ 1872~1950年)が蒐集(しゅうしゅう)した約9,000点の資料が県立図書館に寄贈され、「山崎文庫」と名付けられました。その内容は、歴史・文学・芸術に関する蔵書のほか、写真アルバムなど多岐にわたっており、なかでも雑誌の創刊号コレクションは貴重なものです。
 正董は、熊本医学専門学校の産婦人科教授、熊本医科大学長を長年務め、全国各地に優秀な医者を輩出しました。また、熊本医科大学(熊本大学医学部の前身)の官立移管や「肥後医育史」の出版など、熊本の医学界に貢献しています。チラシ画像2
 “医者”であると同時に正董は、国内外の貝類や瓦を蒐集する“コレクター”としても知られています。信念を曲げずにこだわりを持ち、医学者だけにとどまらず、歴史家・蒐集家と、幅広い分野に情熱を傾けました。
 このたびの展示会では、「山崎文庫」と山崎正董の功績とをあわせてご紹介します。


【主催】
くまもと文学・歴史館 熊本県立図書館
【協力】
熊本大学、熊杏会、熊本博物館

チラシ画像(オモテ).jpg
チラシ画像(ウラ).jpg

会期中のイベントについては、こちらをご覧ください。
 

常設展「文学に見るくまもと」

展示室2 展示風景

くまもとの文学の流れを、歴史的背景とともにたどります。


 

石牟礼道子 特集コーナー

 くまもと文学・歴史館では、2021年(令和3年)2月に石牟礼道子展を開催することを予定しています。そこで現在、展示室2において、企画展へ向けたシリーズ展示を行っています。
世界から注目を集める石牟礼文学の世界をご案内するシリーズです。ぜひご覧ください。

[第1回]
会期:令和元年(2019年)9月13日(金)~11月18日(月)
内容:『西南役伝説』自筆原稿など

[第2回]
会期:令和元年(2019年)11月27日(水)~令和2年(2020年)1月30日(木)
内容:『「最後の人」高群逸枝伝』自筆原稿など

[第3回]
会期:令和2年(2020年)2月1日(土)~
内容:『春の城』自筆原稿など

【主催】くまもと文学・歴史館/熊本県立図書館
【協力】石牟礼道子資料保存会

 

 

《マンガ常設展示コーナー》

令和元年(2019年)夏から、マンガコーナーが常設となりました。熊本ゆかりの作品や、展示会に関わりのある作品をご紹介します。

現在のテーマ:
「山崎文庫展」連動企画絵文字:キラキラ 医療マンガ 読み放題!絵文字:救急、保健室


本棚の写真

※展示作品は約2か月ごとに入れ替わります。

【主催】くまもと文学・歴史館/熊本県立図書館
【協力】熊本マンガミュージアムプロジェクト

 
くまもと文学歴史館ロゴ
 
 開館時間 9:30~17:15
 休館日 火曜日/毎月最終金曜日
 年末年始
 (12月28日~1月3日)
 特別整理期間
 (年間14日以内)
 入館料 無料
 

開館日カレンダー

前年2020次年
前月02次月
1
予定なし
2
予定なし
3
4
予定なし
5
予定なし
6
予定なし
7
予定なし
8
予定なし
9
予定なし
10
11
予定なし
12
予定なし
13
予定なし
14
予定なし
15
予定なし
16
予定なし
17
18
予定なし
19
予定なし
20
予定なし
21
予定なし
22
予定なし
23
予定なし
24
25
予定なし
26
予定なし
27
予定なし
28
予定なし
29
予定なし
 
開館
 
通常休館