熊本県立図書館 / くまもと文学・歴史館  (愛称:温知館)

〒862-8612
熊本市中央区出水2丁目5番1号
TEL:(096)384-5000
FAX:(096)385-4214(総務課・学芸調査課)
        (096)385-2983(情報支援課)

休館日
 火曜日 / 毎月最終金曜日
 年末年始(12月28日~1月3日)
 特別整理期間(年間14日以内)

携帯・スマートフォン用サイト

Copyright © 熊本県立図書館 All Rights Reserved.     ©2010熊本県くまモン

 

平成30年度

 

収蔵品展 アーカイブズにみるくまもと12 【展示室2 特設コーナー】

◇収蔵資料から熊本の文学と歴史の魅力をひもとく第12弾◇チラシ画像

中村(なかむら)汀女(ていじょ)と生まれたころ


0年9月29日(土)~10月15日(月)


没後30年の節目を迎えた熊本市出身の俳人・中村汀女を特集。あわせて、汀女が生まれた明治33年の熊本についてご紹介します。

展示資料リスト.pdf

 

パネル展「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」

平成30年8月9日(木)~9月30日(日)ポスター画像

 長崎と天草地方は、江戸幕府の禁教令による弾圧が激しくなるなかで密かに信仰を継承しつづけ、明治時代にキリスト教が解禁されるまで、日本独特のキリスト教信仰を育んできました。世界文化遺産に登録された長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産は、長崎の大浦天主堂や天草市﨑津集落等の12資産で構成されています。

 今回の展示では、「住む人に誇りを!訪れる人に感動を!」をキャッチフレーズに、潜伏の舞台となった﨑津集落などをわかりやすく説明します。
展示風景写真
【会場】 図書館ギャラリー
     (県立図書館1階廊下)
【主催】 くまもと文学・歴史館
     天草市世界遺産推進室

ポスター(PDF版).pdf


 

企画展「貸本漫画の遺産」

平成30年7月19日(木)~9月17日(月)チラシ


 戦後、県内各地にあった
貸本屋(かしほんや)には、多くの子供たちが集まりました。

本展では、平田(ひらた)弘史(ひろし)やさいとう・たかをなど、貸本時代から活躍した漫画家の原画を30点以上展示するほか、熊本にあった貸本屋の様子や、その貸本を読んで育った熊本出身の評論家の方々(米沢嘉博(よねざわよしひろ)橋本(はしもと)(ひろし)藤本(ふじもと)由香里(ゆかり)村崎修三(むらさきしゅうぞう)梶尾(かじお)真治(しんじ)をご紹介します。

貸本漫画と現在の人気マンガを手に取って読める「人気漫画読み放題コーナー」も併設。

 世界から大きな注目を集めるマンガ。その発展を支えた貸本漫画が現在に(のこ)してきたものを、どうご覧ください。

【主催】くまもと文学・歴史館 熊本県立図書館
【協力】熊本マンガミュージアムプロジェクト
    米沢嘉博記念図書館
    現代マンガ図書館〈内記コレクション〉
    原田誠一氏


チラシ表面.jpg
      チラシ裏面(イベント情報記載).jpg
展示資料リスト.pdf
 

収蔵品展 アーカイブズにみるくまもと11 【展示室2 特設コーナー】

◇収蔵資料から熊本の文学と歴史の魅力をひもとく第11弾◇

◆明治150年(2)明治の温泉開発チラシ画像
◆没後60年 徳永直のまなざし


平成30年5月18日(金)
 ~平成30年7月16日(月・祝)

今回、歴史は明治150年を記念し、西南戦争後の明治11年~12年の熊本における温泉開発を取り上げます。文学は、没後60年になる熊本市生まれのプロレタリア作家徳永直(とくなが すなお)を特集します。
どうぞお越しください。


チラシ(JPEG).jpg
展示資料リスト.pdf
 

収蔵品展 アーカイブズにみるくまもと10 【展示室1】

「明治150年/耕治人(こう はると)没後30年」

平成30年3月15日(木)~平成30年5月6日(日)
チラシ画像
 歴史では〈明治150年〉を特集します。今年は明治元年(慶応4・1868)から満150年目の年。くまもとの人びとは、幕末から明治にかけての激動の時代とどのように向き合い、道を切り拓いたのか、今回は特に熊本藩と人吉藩に着目して考えたいと思います。
 文学では、没後30年の節目を迎える八代出身の作家、耕治人を特集します。自筆原稿や遺品、晩年の創作ノートなどから、耕とその文学についてご紹介します。同時に、熊本で発行された雑誌「日本談義」が、創刊から80年を迎えることを記念し、「日本談義」に関連する資料を展示します。また、今年2月に亡くなられた石牟礼道子氏を追悼し、自筆原稿「祝島」を公開します。

チラシ(JPEG).jpg
展示資料リスト .pdf
 

追悼 石牟礼道子氏 【エントランスロビー】

 水俣病を描いた作品『苦界浄土(くがいじょうど)』などで知られる熊本出身の作家・石牟礼道子氏が平成30年2月10日にお亡くなりになりました。心よりお悔やみ申し上げます。追悼の意を込めてささやかではありますが、展示をおこなっております。
 展示作品「花を奉るの辞」は、平成29年4月~5月に当館で開催した「震災の記憶と復興エール」展の際に贈っていただいた、熊本の私たちへのメッセージです。
石牟礼道子イラスト

 
くまもと文学歴史館ロゴ
 
開館時間
9:30~17:15
休館日
火曜日/毎月最終金曜日
年末年始
(12月28日~1月3日)
特別整理期間
(年間14日以内)
入館料
無料
 

開館日カレンダー

前年2018次年
前月10次月
1
2
予定なし
3
予定なし
4
予定なし
5
予定なし
6
予定なし
7
予定なし
8
9
予定なし
10
予定なし
11
予定なし
12
予定なし
13
予定なし
14
予定なし
15
16
予定なし
17
予定なし
18
予定なし
19
予定なし
20
予定なし
21
予定なし
22
23
予定なし
24
予定なし
25
予定なし
26
予定なし
27
予定なし
28
予定なし
29
30
予定なし
31
予定なし
 
開館
 
通常休館