熊本県立図書館 / くまもと文学・歴史館  (愛称:温知館)

〒862-8612
熊本市中央区出水2丁目5番1号
TEL:(096)384-5000
FAX:(096)385-4214(総務課・学芸調査課)
        (096)385-2983(情報支援課)

休館日
 火曜日 / 毎月最終金曜日
 年末年始(12月28日~1月3日)
 特別整理期間(年間14日以内)

携帯・スマートフォン用サイト

Copyright © 熊本県立図書館 All Rights Reserved.     ©2010熊本県くまモン

 
県立トップページ > くまもと文学・歴史館> H30秋季特別展示会 

この秋開催の特別展情報を、随時ご紹介していきます。

(もう)()(しゅう)(らい)()(ことば)(たけ)(ざき)(すえ)(なが)
 

教科書でおなじみの 日本の宝が熊本へ!

  チラシ画像文永、弘安の2度にわたる戦い(元寇げんこうに参戦した肥後国御家人竹崎季長たけざきすえなが、自身の体験を絵巻にした「蒙古襲来絵詞」。
 世界的にも類を見ない貴重なこの歴史資料を、熊本で見ることができる絶好の機会です。乞うご期待!


 ※チラシのダウンロードはこちらから。

 ◆表.pdf
 ◆裏(関連イベント記載).pdf

 

【会期】
  平成30年11月1日(木)~12月17日(月)
   前期 11月1日(木)~11月19日(月)
   後期 11月21日(水)~12月17日(月)
    ※休館日:火曜日、11月30日

 

【展示会趣旨】

 今から約750年前、ユーラシア大陸に広大な領土を有するモンゴル帝国(蒙古)が誕生し、世界は大きな変動期を迎えます。日本も二度にわたる蒙古軍の襲来を受け、()()()()(にん)(たけ)(ざき)(すえ)(なが)(きく)()(たけ)(ふさ)など多くの武士が戦いました。一方で、大陸と日本との交流は拡大し、玉名の高瀬など肥後には中国との交易拠点となる港も現れます。

 今回の展示会では、竹崎季長が自らの(ふん)(とう)を絵巻物にした「(もう)()(しゅう)(らい)()(ことば)」(宮内庁三の丸尚蔵館所蔵)を熊本で17年ぶりに公開。絵詞の(ぜん)(ぼう)を最新の研究成果を踏まえてひもときます。また、近年発見された「てつはう」の実物資料や、季長のルーツに関わる古文書、蒙古襲来を描いた文学作品などを併せて紹介し、水中考古学や文学など多角的な視点から、蒙古襲来と竹崎季長の実像にせまります。

 時代の嵐のなかで必死に生き抜こうとする季長の姿は、現代の私たちにも通じるものがあります。季長ら熊本の遠い祖先たちが遺した資料を通して、700年以上前の熊本が当時東アジアのなかでどのような位置にあったのか、人々はどのように生きてきたのかを改めて考えます。

 

【展示構成】

  第1章:「蒙古襲来絵詞」の世界

  第2章:蒙古軍の実像

  第3章:肥後の御家人・竹崎季長のルーツ

  第4章:語られる「神風」のイメージ

 

【関連行事】

会期中、記念講演会やギャラリートーク、お子様向けのワークショップなどのイベントを開催予定です。

 

【主催】

くまもと文学・歴史館 熊本県立図書館
 
くまもと文学歴史館ロゴ
 
開館時間
9:30~17:15
休館日
火曜日/毎月最終金曜日
年末年始
(12月28日~1月3日)
特別整理期間
(年間14日以内)
入館料
無料
 

開館日カレンダー

前年2018次年
前月10次月
1
2
予定なし
3
予定なし
4
予定なし
5
予定なし
6
予定なし
7
予定なし
8
9
予定なし
10
予定なし
11
予定なし
12
予定なし
13
予定なし
14
予定なし
15
16
予定なし
17
予定なし
18
予定なし
19
予定なし
20
予定なし
21
予定なし
22
23
予定なし
24
予定なし
25
予定なし
26
予定なし
27
予定なし
28
予定なし
29
30
予定なし
31
予定なし
 
開館
 
通常休館